052-715-7858
080-3392-8844

お知らせ

テストに強い子、弱い子

こんにちは。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、Forest個別指導の撹上です。

 

本日は大雨でしたね〜。

 

大雨の日に限って、外回りが多く、閉口です、、、

 

風で傘の骨が折れてしまいました、、、

 

気圧の関係で気分的にもダウンしているのに、

 

動かなければならず、ハードでした。

 

現在も、移動している新幹線の車内でこれを書いています。

 

 

今回も、息子は定期テストの勉強をほとんどせず、、、

 

明日がテストだというのに、教科書もプリントもワークも持って帰ってきていない

 

おまけに・・・

 

英語はボロボロ

 

私は・・・

 

赤点を取らなければそれでいいと思っていました。

 

にもかかわらず・・・

 

本日判明したようですが、

 

総合順位は上位。

 

英語の答案用紙には、Goodのサイン。

 

あり得ません。

 

試験に強い子と言えるでしょう。

 

また・・・

 

短期記憶で勝負できることも言えるでしょう。

 

息子に関していえば・・・

 

囲碁によってワーキングメモリが鍛えられた。

 

英検3級を習得しているので、

 

長期記憶から消えていることであっても思い出しやすかった。

 

社会に関しては、

 

私が彼の特性に合わせた指導した。

 

からだと思います。

 

 

昨日、教室室長の藤井いと話をしていてあがったことは・・・

 

普段はできているのに、

 

定期テストの得点が予想より取れていない子が数名いるとのこと。

 

その子たちは・・・

 

定期テストのい弱い子たちと言えるでしょう。

 

定期テストに弱い子たちについては、明日のブログで。

 

 

定期テスト対策にも使える夏期講習生を募集しています。

 

 

スタッフを増やしましたので、

 

お好みの時間に指導を入れられる可能性が出ています。

 

ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

 

無料相談を実施しております。

 

 

 

りんご塾も本格的に稼働することにしました。

 

ご希望の方は、お早めに。

 

りんご塾HP

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

Instagramでも情報を発信しています。

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

フォレストキッズHP

 

 

 

 

 

 

その日の状態に合わせて

おはようございます。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、Forest個別指導の撹上です。

 

今はいい天気で、窓から心地よい風が吹き込んできます。

 

今夜から天気が崩れ、明日はもしかしたら、大雨になるかもしれないそうです。

 

気圧の変化が激しくなりそうですね。

 

スタッフが気圧の変化のアプリを入れていました。

 

自分の頭痛と子どもの荒れ具合を予想するためだと言っていました。

 

 

このグラフを見ると・・・

 

お子様が帰宅するくらいの15時くらいから警戒となります。

 

「今日はやる気がなかったり落ち込んでいるかもしれないな。」

 

「荒れて帰ってくるかも」

 

etc.

 

こんなふうに思っているだけでも、

 

子供にとっても親にとっても楽になるのではないでしょうか。

 

気圧の関係で体調に変化が現れる場合は、

 

栄養的なアプローチも再考してみてください。

 

 

先日、キッズの支援を見ていたら、

 

明らかにいつもと行動がおかしい子がいました。

 

すぐに介入することなく見ていたら、様々なことが思いつきました。

 

児童発達支援管理責任者の北澤からは・・・

 

「今後、「逃げたい(この活動はパス)サイン」などを決めて、

 

活動をやらない(回数は限定する)ことを許すなどもありかなと思いました。

 

体調や気分の優れなさをうまく伝えられない児童には、取り入れてもいいのかなとふと思いました。」

 

 

私が思いついたことと全く同じ。

 

暴れたり

 

物を投げたり

 

叩いたり

 

無理にやらせようとすればするほど、

 

上記の行為が多発していたのです。

 

 

小中学生も同じではないでしょうか?

 

体調が優れない時や訳もわからなく落ち込んだりイライラしたりした時は、

 

無理矢理学習をやらせるのではなく、

 

逃げることを許したり、

 

妥協点を見出したりしてもいいのではないかと思いました。

 

夕方、荒れ気味に帰ってきたときには、

 

このブログのことを少し思い出してみてください。

 

 

私が使っているアプリの名前は・・・

 

「頭痛ーる」です。

 

 

 

定期テスト対策にも使える夏期講習生を募集しています。

 

 

スタッフを増やしましたので、

 

お好みの時間に指導を入れられる可能性が出ています。

 

ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

 

無料相談を実施しております。

 

 

 

りんご塾も本格的に稼働することにしました。

 

ご希望の方は、お早めに。

 

りんご塾HP

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

Instagramでも情報を発信しています。

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

フォレストキッズHP

 

6月の計画を立てましょう

おはようございます。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、Forest個別指導の撹上です。

 

本日は曇っていますね。

 

なんとなく体調が優れません。

 

 

昨日から6月になりました。

 

私は、5月の振り返りをし、6月の行動予定を立てました。

 

5月を表す漢字は・・・

 

「挑」と「耐」となりました。

 

6月の目標は・・・

 

「流」です。

 

理由は、ここには書きませんが。。。

 

 

 

中学生以上の生徒にとっては、

 

期末テスト対策の計画を立てましょう。

 

このブログを書きながら息子に指示を出しました。

 

・ワークは学校で習った単元はやっておく

 

・iPadに送られてきた練習問題は、すぐに手をつける

 

上記のことをしないと・・・

 

定期テストの直前にワークをすることになってしまいます。

 

少なくても息子にとっては・・・

 

ワークを仕上げる=定期テストの勉強

 

とならないのです。

 

時間で縛る計画を立てたところで、

 

守らないでしょう。

 

量で縛る計画を立てると、

 

直前まで仕上げないでしょう。

 

どうするか・・・

 

時間と量で縛ることにしました。

 

例えば、

 

6月7日(月) 囲碁 塾で2時間:藤井先生に前の週の課題が終わっているかチェックしてもらう

 

6月8日(火) お休み(宿題があれば宿題)

 

6月9日(水) 囲碁 (宿題があれば宿題)

 

6月10日(木) 囲碁 塾で2時間:藤井先生に課題のチェックをしてもらう

 

6月11日(金) 囲碁 塾で2時間

 

6月12日(土) 囲碁 塾で3時間

 

6月13日(日) 囲碁 塾で3時間

 

このような感じです。

 

自宅での学習時間はゼロ

 

塾でテスト勉強をする。

 

直前は・・・

 

提出物が仕上がり、次の日のテスト勉強が済んでいるなら、囲碁に行っていい

 

以前に比べれば非常にゆるい感じです。

 

これが反抗期真っ最中の息子に対する処方です。

 

先ほど、期末テストの予定を伝えたら・・・

 

「動点Pの問題ができない」とボソッと。

 

「教えてあげようか?」

 

「うん」

 

 

2つのことがわかります。

 

・こちらからスイッチを入れてあげないと相談はしない

 

・納得すれば、親の指導も受ける

 

 

 

定期テスト対策にも使える夏期講習生を募集しています。

 

 

スタッフを増やしましたので、

 

お好みの時間に指導を入れられる可能性が出ています。

 

ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

 

無料相談を実施しております。

 

 

 

りんご塾も本格的に稼働することにしました。

 

ご希望の方は、お早めに。

 

りんご塾HP

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

Instagramでも情報を発信しています。

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

フォレストキッズHP

 

 

 

 

 

専門家集団を目指しています

おはようございます。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、Forest個別指導の撹上です。

 

本日もいい天気ですね〜。

 

朝からひたすら自宅でお仕事をしています。

 

ミーティングが終わったら、どこかのカフェのテラス席で仕事をしたいです。

 

それくらい気持ちがいいです。

 

 

昨日、日本感覚統合協会から写真のメールが来ました。

 

 

スタッフに研修を受けてもらおうと思っています。

 

新規の事業所の開所も予定しているので、

 

新人のスタッフには必ず受けてもらう研修となります。

 

フォレストキッズのスタッフは非常に真面目で、

 

積極的に新たな知識を身につけてくれています。

 

今年になってからフォレストキッズのスタッフが受講した外部の研修は、以下の通りです。

・構音障害への気づきと指導

・ことばを育てる

・幼児期の姿勢保持、体の動き

・手先が不器用な子どもの理解と支援

・発達障害のある幼児期から就学初期の子どもに必要な語彙力とその指導

・発達障害の子供を育てる保護者への支援

・DDC(発達性協調運動障害)って何?

・発達障害のある子どもの理解 基礎編

・障害児の支援にどう取り組むか

・子どもの「見る」「聞く」の理解と指導

・ESDM入門ワークショップ

・報酬改定について

・言語聴覚士学会に参加

 

まだ5ヶ月しか経っていないのにこれほどの研修を受けています。

 

私も負けないように、研修に参加したり、論文や書籍を読んだりしています。

 

発達障害の子の支援にとって大切なのは・・・

 

「知識と技術」なのです。

 

個別指導塾のスタッフにも大阪医大LDセンターの研修を受講してもらう予定です。

 

それは・・・

 

「読解ができるにはどんな力が必要か?」

 

内容は・・・

 

「保護者に相談時の主訴を伺うと、多くの方があげられるのが「作文が書けない・む ずかしい」「読解ができない・むずかしい」という主訴です。作文や読解は多くの子 どもにとっても課題となります。さらに、発達障害のある子どもの場合には、それぞ れの子どもの特性によって、作文や読解がむずかしい理由が異なります。

学校の授業としての長文読解では、文章の内容理解について学ぶことに重点が置か れます。また、文章読解では文章の内容によっても得意不得意が生じます。たとえば 物語文では主人公や登場人物の心情を理解することを学び、説明文では文章理解によ りある事柄の知識を学ぶことになりますが、この文章のタイプによってもむずかしさ の程度が異なる場合があるのです。子どもによっては、文章の理解ができたとしても、 文章読解後の問題(問)の意味や意図がわからないためにどう答えてよいかわからな い、という子どももいます。

このように、読解のむずかしさ、と言っても背景には様々な理由があることをふま えて、本講演では、読解ができるまでに必要な力にはどのようなものがあるかについ て解説いただき、子どものつまずいていることに対してどのような指導をすればよい かを学びます。」

 

興味深い内容ですよね。

 

フォレスト個別指導塾の児童生徒たちに必要な内容です。

 

フォレストグループは、専門家集団を目指しています。

 

 

 

スタッフを増やしましたので、

 

お好みの時間に指導を入れられる可能性が出ています。

 

ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

 

無料相談を実施しております。

 

 

 

りんご塾も本格的に稼働することにしました。

 

ご希望の方は、お早めに。

 

りんご塾HP

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

Instagramでも情報を発信しています。

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

フォレストキッズHP

2021年夏期講習会

おはようございます。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、Forest個別指導の撹上です。

 

本日もいい天気。

 

梅雨の中休みを楽しみたいです。

 

 

フォレスト個別指導塾では、

 

6月17日(木)から8月30日(月)まで夏期講習会を実施いたします。

 

8月10日〜17日はお盆休み。

 

 

外部の生徒さんも7名募集いたします。

 

最低4コマから受講することができます。

 

新型コロナウイルスの対策も考え、

 

長期間の講習となります。

 

いろいろな活用法が考えられます。

 

・なかなか点数がアップしない期末テスト対策として、10コマくらいを受講。

 

・苦手な科目克服として15コマ受講。

 

・フォレスト個別指導塾との相性を確認するため4コマ受講。

 

・夏休みの宿題を指導で片付けるため10コマ受講。

 

・短期記憶を長期記憶に変えるため、20コマ受講。

 

・受験対策として、普段学習をしていない理科、社会を学習するため、20コマ受講。

 

etc.

 

どのように今年の夏休みを過ごすかわからない場合は、

 

るようにしてくださいを活用してください。

 

 

 

 

スタッフを増やしましたので、

 

お好みの時間に指導を入れられる可能性が出ています。

 

ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

 

無料相談を実施しております。

 

 

 

りんご塾も本格的に稼働することにしました。

 

ご希望の方は、お早めに。

 

りんご塾HP

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

Instagramでも情報を発信しています。

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

 

 

 

がんばれないからこそ

おはようございます。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、Forest個別指導の撹上です。

 

本日もいい天気ですね。

 

どこかに遊びに行きたくなります。

 

次々に飛び込んでくる新規の仕事を淡々とこなしています。

 

莫大な仕事をどのようにしたら処理できるかが身についてきました(笑)

 

これは私にとって革命的なことなのですが・・・

 

一般の人にとっては当たり前のことなのかもしれませんが・・・

 

「仕事によって力の入れ方を変える」ということ。

 

私は・・・

 

今まですべての仕事をマックスパワーで行っていました。

 

例えば・・・

 

指導(支援)

 

経営に関する決定事項

 

お知らせの作成

 

資料の作成

 

会計業務

 

スタッフ研修

 

etc.

 

これは・・・

 

私の特性である「ゼロ100思考」だからなのです。

 

これを・・・

 

「この仕事は60%の力でもいい」と完璧を求めなくなりました。

 

すると・・・

 

仕事のスピードが爆上がり(笑)

 

昨日からたくさんの仕事をフィニッシュに持っていけています。

 

 

前置きが長くなってしまいましたが・・・

 

昨日のブログの続きです。

 

私が以前勤めていた予備校の先輩講師の合言葉は・・・

 

「やれば、できる!!!!!!」でした。

 

ものすご〜〜〜く人気もあり、とても追いつけるような講師ではありませんでした。

 

授業のたびに・・・

 

先生が「やれば〜〜〜〜〜」と叫ぶと、

 

生徒が大きな声で「できる!!!!!」

 

バブル期の予備校っぽいですね。

 

私は隣の教室(私立文系の一番下のクラスだったと思いまいます)

 

「やっても〜」と私が叫んだら、

 

「できない!!!!!」と数名の生徒が叫び、

 

大爆笑になったことをふと思い出しました。

 

まさに・・・

 

「がんばれば、誰でも絶対にできるようになる」というのは、理想論です。

 

がんばっても、できない子もいますし、

 

がんばれない子もいるのです。

 

 

テストでいい点が取れた=がんばった

 

テストで悪い点しか取れなかった=がんばっていない

 

という方程式なのでしょうか?

 

一般的には・・・

 

このような方程式になっています。

 

でも・・・

 

違和感を感じませんか?

 

 

がんばっても、

 

できなかったり、

 

「もっとがんばれ!」

 

「がんばりが足りない!」と言われたら・・・

 

やる気がなくなってしまいます。

 

だからと言って・・・

 

「もうがんばらなくていいよ」と言われたら、

 

本人は非常に傷つきます。

 

 

東大・医学部受験専門塾をやっていたときのこと。

 

東大を目指して非常に努力をしていた男子生徒がいました。

 

相当勉強していたのですが・・・

 

どうしても国語ができない。

 

そのような息子を見て母親が、

 

「無理に東大を目指さなくてもいいんじゃない。

 

国語のない大学を受験すればいいよ。

 

がんばらなくてもいいよ。」と言われたことが一番ショックだったと高校卒業後に私に話してくれたことがあります。

 

一番愛している母親にそのようなことを言われ、

 

大混乱してしまったとのこと。

 

「がんばらなくてもいい」とは言ってはいけないことばだと思います。

 

では、どうしたらいいのか?

 

「がんばってもできない」

 

「がんばれない」

 

原因を探るのです。

 

原因がわかったら・・・

 

失敗しても大丈夫という安心感を持てるような環境を作り出します。

 

具体的には、

 

そっと支えてくれる人の存在。

 

一緒に走ってくれる人の存在。

 

です。

 

そして・・・

 

「適切な方法で、やればできる」ということを実感させていきます。

 

また・・・

 

「人よりも時間がかかっても、やればできる」ということを実感させていきます。

 

時間がかかることにネガティブになってはいけません。

 

「できた」というところにフォーカスすることが大切です。

 

 

この本に参考になることが書かれています。

 

 

 

スタッフを増やしましたので、

 

お好みの時間に指導を入れられる可能性が出ています。

 

ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

 

無料相談を実施しております。

 

 

 

りんご塾も本格的に稼働することにしました。

 

ご希望の方は、お早めに。

 

りんご塾HP

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

Instagramでも情報を発信しています。

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

 

 

 

 

テスト返却時の言葉がけの注意点

おはようございます。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、Forest個別指導の撹上です。

 

本日から晴れマークが並んでいます。

 

これだけでハッピーな気分になります。

 

 

定期テストの結果が返却されていると思います。

 

子どもへの言葉がけに気をつけてください。

 

例えば・・・

 

テストの点数が100点満点中8点

 

どのように言葉がけしますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的には・・・

 

「勉強を真面目にやった?」

 

「次回はもっとがんばって!」

 

「もっと勉強をしろって言ったでしょ!」

 

「何やってるの???」

 

etc.

 

 

私も息子に対しては、ついつい口にしがちですが、

 

絶対に最初に言うべき言葉ではないです。

 

「テストの点数が低い=真面目にやっていない」

 

「テストの点数が低い=がんばっていない」

 

「テストの点数が低い=勉強量が足りない」

 

「テストの点数が低い=何やってるの???」

 

と言う方程式が成り立ってしまいます。

 

真面目にやっても、テストの点数が低い子もいます。

 

がんばってテスト勉強をしても、テストの点数が低い子もいます。

 

たくさん勉強しても、テストの点数が低い子もいます。

 

本人なりにがんばったのに、「何やっているの?」

 

 

本人は・・・

 

真面目にテスト勉強をやった。

 

がんばってテスト勉強をやった。

 

たくさんテスト勉強をやった。

 

と思っているのに、テストの点数が悪かった。

 

大ショックのはずです。

 

それを最初から否定されてしまっては、

 

もっとやる気がなくなります。

 

反抗的な態度をとりたくなります。

 

 

では、なんて言葉がけをすればいいと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分ではどう思っている?」と優しく聞いてあげてください。

 

怒った口調で「自分ではどう思っているの?????」では、脅しになってしまいます(笑)

 

答えるのが面倒なので・・・

 

「勉強しなかった」

 

「次回はもっとがんばる」

 

 

上辺の感想だと・・・

 

「難しかった」

 

「苦手なところだった」

 

「やった問題が出なかった」

 

 

できれば本心を聞き出せるといいです。

 

「勉強はしたのに、できなかった」

 

「難しくて、勉強する気になれなかった」

 

「もっとできると思ったのに」

 

 

がんばってもできない子

 

どうしてもがんばれない子

 

もいるのです。

 

 

でも・・・

 

諦める必要はないです。

 

それは次回のブログで。

 

 

テストが返却された時は可能な限り保護者は感情を抑えることが大切なこととなります。

 

お困りの場合は、ご連絡をいただければと思います。

 

塾生に対しては、6月に保護者面談を実施いたします。

 

外部生に対しては、無料相談を実施しています。

 

 

 

 

 

スタッフを増やしましたので、

 

お好みの時間に指導を入れられる可能性が出ています。

 

ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

 

無料相談を実施しております。

 

 

 

りんご塾も本格的に稼働することにしました。

 

ご希望の方は、お早めに。

 

りんご塾HP

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

Instagramでも情報を発信しています。

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

 

 

中学入試説明会の日程に注意

おはようございます。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、Forest個別指導の撹上です。

 

今日は青空が少し見えています。

 

 

愛知県も緊急事態宣言が6月20日まで延長されました。

 

それによって、中学の学校見学会が中止になったり変更になったりしています。

 

学校のHPでリアルタイムの情報をゲットしてください。

 

例えば・・・

 

高蔵中学は6月6日に学校説明会がありますが、緊急事態宣言下の場合は7月11日に延期と書かれています。

 

6月6日に名古屋国際中学も学校説明会を予定していますが、どうなるかはわかりません。

 

5月8日に予定されていた愛知中学の説明会は、中止になりました。

 

多くの塾生が参加する市邨中学の学校見学会は、7月10日に予定されています。

 

 

個性ある子の場合は、学校の説明会の参加も気をつけなければなりません。

 

このブログを参照してみてください。

 

 

今年の説明会参加の場合は、

 

予定変更が苦手な子の場合は、事前のケアが必要になります。

 

例えば、A中学が第一志望だったとして、緊急事態宣言が延長されたため、説明会も中止や延長になったとします。

 

すると・・・

 

「A中学は大嫌い!あんな学校には、絶対に行かない!」となってしまう可能性もゼロではありません。

 

 

また、視覚優位のため、見た目で中学を選ぶ傾向があります。

 

すると・・・

 

英語が苦手なのに、名古屋国際中学が大好きになったり、

 

縛られるのが嫌いなのに、厳しい中学に行きたいと言い出したり・・・

 

この傾向が強い場合は、保護者の方だけで説明会に参加された方がいいと思います。

 

我が子がどこの中学がいいのかわからない場合は、無料相談を活用してください。

 

 

高校の説明会の日程も発表されています。

 

保護者の方が積極的に情報をとりに行かないと、

 

学校で言われているはずの本人たちからは情報が保護者に伝わりません。

 

 

 

スタッフを増やしましたので、

 

お好みの時間に指導を入れられる可能性が出ています。

 

ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

 

無料相談を実施しております。

 

 

 

りんご塾も本格的に稼働することにしました。

 

ご希望の方は、お早めに。

 

りんご塾HP

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

Instagramでも情報を発信しています。

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

 

 

 

見える化しないと忘れてしまう

おはようございます。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、Forest個別指導の撹上です。

 

本日は、荒れ模様のようです。

 

気圧の変化で体調が優れない方もいると思います。

 

このような日は無理をしないのが一番です。

 

 

最近、仕事量が半端なく、休みは1ヶ月に1日。

 

しかも・・・

 

仕事時間も15時間以上。

 

ついに・・・

 

機能障害が出始めました。

 

昨日は普段は絶対にしないレベルのミスを3つもしてしまいました。

 

少しセーブしないとヤバそうです。

 

特に・・・

 

忘れてしまうのが、すぐに対応しない連絡事項。

 

私が連絡を取る方々が3人お休み。

 

年齢のいっているスタッフには申し訳なかったのですが、

 

連絡してしまいました。

 

それ以外は、保留のまま。

 

結果・・・

 

忘れてしまいます。

 

以前は手帳に書いていたのですが、

 

朝イチで連絡をしなければならないことが多数。

 

妻が、私のデスクにでかいメモを貼り付けてくれました。

 

大きいというのもポイント

 

1枚につき1項目であるのも大切

 

 

仕事が終わってから連絡が来るので、保留となってしまうのです。

 

昨日の夜から今朝までにこのボードに貼られたメモは・・・

 

7枚

 

手帳にはそれ以外の予定がビッシリ。

 

妻から、私の知らない(忘れている)採用面接があると、言われ気づく。

 

知らされていなかったら、面接の時間になっても現れなかったでしょう。

 

妻が秘書のようです(笑)

 

 

私のような特性のある方にとっては、

 

タスクの見える化は大切なことです。

 

 

スタッフを増やしましたので、

 

お好みの時間に指導を入れられる可能性が出ています。

 

ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

 

無料相談を実施しております。

 

 

 

りんご塾も本格的に稼働することにしました。

 

ご希望の方は、お早めに。

 

りんご塾HP

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

Instagramでも情報を発信しています。

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

筆圧に問題があると学力に影響が…

こんにちは。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、Forest個別指導の撹上です。

 

今夜は・・・

 

皆既月食です。

 

現在は雲の切れ間がありますが、

 

夜まで持つといいのですが・・・

 

個性ある子の場合、

 

リアルな体験は記憶に残りやすいので、

 

皆既月食を使って、

 

天文について教えると効果的です。

 

 

昨日、フォレストのスポーツトレーナーの方から、

 

筆圧が弱い原因は何なのか質問がありました。

 

実は・・・

 

筆圧の問題は、学力に影響を及ぼしてきます。

 

しっかりと修正をしてあげたいものです。

 

早ければ早いほど有効です。

 

 

質問を受けた時、車の運転中だったので、

 

フォレストキッズのスタッフにLINE。

 

「筆圧の弱い子の原因と支援方法の資料はありますか?」

 

私がわかっていないと思われたくないので、

 

「手先が不器用→未分化

 

固有覚の問題

 

低緊張の可能性

 

姿勢保持の問題」

 

と続けてLINE

 

いつまで経っても・・・

 

負けず嫌いです(笑)

 

でも・・・

 

知識のない方に・・・

 

私のような回答をしても、優しくないですよね。

 

時間がなかったので資料を要求したのです。

 

 

おそらく大阪医大の研修で使われた資料をスタッフが送ってきてくれました。

 

単純な私は・・・

 

「さすが自分!知っているね〜。」と自画自賛(笑)

 

 

フォレストキッズのスタッフのすごいのは・・・

 

支援の合間を見て、以下のLINEがきたのです。

 

●筆圧が弱い原因→体の軸がしっかりしていないと手先も上手に動かせない。
指先に力を入れることが苦手。親指・人差し指・中指の文化ができておらずうまく力を入れられない。

●支援方法→指先に力を入れる遊びをする。指先のボディイメージの獲得を促す。つまむ作業を伴う遊びをする。物を操作する遊びを通して、道具の長さや大きさも含めたボディイメージの獲得経験を積んで鉛筆の操作性を上げる。

例:洗濯バサミを使った遊びで三指の分化を促すとともに指先に力を入れる練習をする。シェービングクリームや粘土遊びなど、指先が汚れる体験を通して指先のボディイメージの獲得を促す。

などが考えられるかと思います。

 

 

すごいですね。

 

素直に私よりもすごいと思います。

 

知識をしっかりと支援に落とし込めています。

 

 

最後はスタッフ自慢になってしまいましたが、

 

筆圧の問題は、学力に影響してきます。

 

なぜか???

 

・姿勢保持ができていない可能性があることから、常に疲れている状態。姿勢保持がメイン課題で、授業の内容が入ってこない。

 

・書くことに嫌悪感があり、「学習=書くこと=嫌なこと」と言う方程式が成り立ってしまい、学習を嫌がる→学力不振

 

・書くことが目的となってしまい、肝心な理解&暗記がされない→学力不振

 

 

筆圧のことでお悩みの方は、

 

未就学の場合は、フォレストキッズ、

 

小学生以上の場合は、フォレスト個別指導塾の無料相談を受けてみてください。

 

 

 

息子が小学生だった時ののテストの答案用紙です。

 

目の見え方

 

筆圧

 

共に問題有りでした。

 

トレーニングをすれば・・・

 

 

このように変化します。

 

 

 

スタッフを増やしましたので、

 

お好みの時間に指導を入れられる可能性が出ています。

 

ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

 

無料相談を実施しております。

 

 

 

りんご塾も本格的に稼働することにしました。

 

ご希望の方は、お早めに。

 

りんご塾HP

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

Instagramでも情報を発信しています。

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP