052-715-7858
080-3392-8844

お知らせ

夏期講習で短期記憶を長期記憶に

 

 

こんにちは。

 

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、フォレスト個別指導塾の惣元です。

 

 

 

本日も暑い1日ですね。

 

とは言えコロナ対策も気が抜けない毎日。

窓を開けて換気をしながらクーラーをつけています。

 

 

窓を開けていると外気が入ってくるため、室内も冷えすぎずに良い気がしています^^

 

 

 

さて、本日は「短期記憶を長期記憶に移行する」という点について書きたいと思います。

 

 

そもそも短期記憶とはなにか。

文字通り、短い期間の記憶、つまり、必要な情報を瞬時に、そして一時的に覚えておくのが短期記憶です。

 

 

これは覚えるためにある程度集中しなければなりませんし、

その場では覚えられてもすぐに抜け落ちてしまうという特徴がありますね。

 

 

 

一方長期記憶とはその名の通り、長い期間覚えていられる記憶のことです。

 

 

自分の名前、家の電話番号、九九などがこれにあたるでしょうか。

 

 

特別意識をしなくても思い出すことのできる記憶です。

 

 

 

個性のある子どもたちは、短期記憶に優れている場合が多いです。

 

 

撹上の息子さんなんかもそうですが、

 

抜き打ちテストのような感じで書けなかった10個ほどの漢字を、ものの2,3分で全部覚えて書いてしまったりします。

 

 

 

だからといって1週間後にも書くことができるか、と言えばそうではありません。

これはあくまで短期記憶ですから、覚えるのも一瞬、ただし忘れるのも早いのです。

 

 

 

そこでこの短期記憶を長期記憶に移行する必要があります。

 

 

 

九九なんかを想像していただくとわかりやすいかと思いますが、誰もが初めからすべて暗唱できたわけではありませんよね。

 

 

 

部屋に表を貼ったり、繰り返し口で唱えたり、何度も何度もテストをしたり・・・

 

 

これが一番わかりやすい、短期記憶を長期記憶に移行する方法です。

 

 

 

「繰り返すなんて当たり前じゃない・・・」

 

 

 

と思われるかもしれませんが、繰り返すことで脳に、「この知識は必要なものだ」と認識させることができ、必要なものと感じた出来事は必然的に長期記憶に移行するのです。

 

 

 

 

ただ、個性のある子どもたちは、忘れるスピードがはやいですから、教科書、ワーク、その他の教材を場合によって使い分けることで、効果的な復習を行っています。

 

 

そして、7月から実施します夏期講習はその絶好のチャンス。

 

 

 

今年はコロナの影響で、学校によっても時にはクラスによっても進度が大きく異なりますから、それぞれの進度、理解度に合わせた復習を、夏期講習では行っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

フォレスト個別指導塾では、

 

夏期講習会は7月2日〜8月31日に行う予定です。

 

月曜、木曜、金曜は、13時から21時

 

土曜、日曜は、9時から18時

 

8月6日(木)〜8月10日(月)はお休み

 

現在のところ上記のような計画です。

 

フォレスト個別指導塾は、あと2名塾生を募集しています。

 

 

りんご塾も7月よりオープンする予定です。

 

日曜日 9時から18時

 

月曜日 15時から19時

 

に実施する予定です。

 

りんご塾は、11名の募集です。

 

 

無料相談を実施しています。

 

日程等はお問い合わせください。

 

 

スタッフを増やしましたので、塾生を大募集しています。

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

 

Instagramでも情報を発信しています。

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

 

昨年12月より

 

車道駅の近くで児童発達支援事業を始めました。

 

未就学児でお困りの子がいる場合は、

 

ご連絡をいただければと思います。

 

フォレストキッズHP