052-715-7858
080-3392-8844

お知らせ

言葉がけの工夫

 

 

こんにちは。

 

 

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、フォレスト個別指導塾の惣元です。

 

 

今日はとても気持ちの良いお天気でしたね^^

 

夕方の今は少し肌寒いくらいでしょうか。

 

 

1日の中でも気温の差が激しい季節です。

学校再開もありますので、しっかり体調管理をしていきましょう。

 

 

 

 

 

さて本日は、勉強中の言葉がけについてお話します。

 

 

フォレストに来ている子どもの中には50分間の授業で、ずっと集中していることが難しい子もいます。

 

 

特に小学生は難しいですね。

 

 

それは家庭学習でも塾でも学校でも同じことだと思います。

 

 

そんな時にどんな言葉をかけていますか?

 

 

 

「集中して!」

 

「ちゃんとやりなさい」

 

 

 

このような言葉がけは、個性のある子どもにとってあまり効果がありません。

 

 

個性のある子どもたちは、抽象的な言葉を理解しにくい傾向にありますから、

 

 

 

「集中ってなに?」

「ちゃんとってどのくらい?」

 

 

 

となってしまいます。

 

 

子どもからすれば、よくわからないまま怒られているなんてこともあるのではないでしょうか。

 

 

 

フォレストでは集中が切れてきたな、というタイミングで、こんな声掛けをします。

 

 

 

「あと5分やって出来なかったら説明するよ」

 

 

 

「一度、国語の問題をしよう」

 

 

 

「5分早くできたら、その分、5分休憩が長くなるよ」

 

 

 

 

とにかく心掛けるのは、具体的な声掛けであること。

 

 

それから、見通しを持たせることです。

 

 

 

特に最後の、早く終わったらその分休憩が長くなる、というもの。

 

 

早く終わったらその分課題を追加、なんてことが学校では多いかと思います。

 

 

(「早く終わった人は次のプリント渡すね~」など・・・)

 

 

 

フォレストではそうではなく、

 

 

 

早く終わればその分たくさん休憩ができる、

早く終わればその分早く終われる、

 

 

という喜びを子どもたちに味わってもらいます。

 

 

こうすることで自然と、集中力が高まる生徒も多いです。

 

 

間違えるとやり直しになるので、計算ミスなどのケアレスミスも少なくなっていきます。

 

 

 

もちろん早く終わりすぎないよう、問題の難易度や量はこちらで調整してあげましょう(^^)/

 

 

 

 

 

こちらは撹上の息子さんに指導をしている様子です。

 

 

この指導の中でも、ここまで覚えられたら今日は終わりで良いよ、という言葉がけをしていました^^

 

 

 

 

 

無料相談を実施しています。

 

日程等はお問い合わせください。

 

 

スタッフを増やしましたので、塾生を大募集しています。

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

 

昨年12月より

 

車道駅の近くで児童発達支援事業を始めました。

 

未就学児でお困りの子がいる場合は、

 

ご連絡をいただければと思います。

 

フォレストキッズHP

 

フォレストキッズブログ