052-715-7858
080-3392-8844

お知らせ

単語帳の活用

こんにちは。

 

 

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、フォレスト個別指導塾の惣元です。

 

 

本日もとても暖かかったですね。
・・・暑かったですね。笑
 
 
 
教室も常に窓は開けていますが、外から来た子供たちは、暑い暑いと言っていました。
 
室内ではありますが、水分補給等しっかりして、熱中症にならないようにも注意していきます。
 
 
 
さて、今日は単語帳の活用方法についてお話したいと思います。
 
 
 
英単語や漢字を覚える際に、単語帳を使って覚える人も多いのではないでしょうか。
 
 
 
一般的には表側に問題となる単語、
裏側に答えとなる部分を書くのではないかと思います。
 
 
【表】
 
 
【裏】
 
 
しかし個性のある子どもにとってこの方法が合わない場合もあります。
 
 
例えばこの一般的な使い方であれば、
 
 
日本語「黄色」の英語「イエロー」を思い出す
⇒「イエロー」のスペル「yellow」を思い出す
 
 
と、2つの工程が必要になります。
 
 
 
 
工程が多くなれば、注意が散乱してしまったり、英語に直すところまではできても、スペルが全く思い出せなくなったりします。
 
 
 
また、英語の読み方を覚えたいのか、スペルを覚えたいのか。
 
 
目的によっても、個性のある子どもたちは分ける必要がある場合が多いです。
 
 
 
 
そこで、「英単語を書けるようにすること」に目的を置いて、単語帳を活用します。
 
 
 
 
表側には、穴抜きにした英単語と、日本語訳を書きます。
 
 
【表】
 
 
 
 
 
穴抜きにする部分は、子どもによって異なりますが、その子どもがよく間違える部分や、間違えやすい癖の部分にします。
 
 
 
そして、書けるようにすることが目的ですから、日本語訳も表に書いておきます。
 
 
 
そして裏には、先ほどと同様に、
英単語の正しいスペルを書きます。
 
 
 
同じ単語帳を活用する、という学習方法でも、目的や子どもの癖によって活用方法を変えていくことが大切です。
 
 
 
 
今日この方法を使った生徒さんは、先週まで書くことができなかった、「Good morning.」「Good afternoon.」などの長い単語を書くことができるようになりました^^
 
 
 
もしよければ参考にしてみてくださいね。
 
 
 
 
 
 

撹上の本日のブログにもありますが、学校再開が早くなることが予想されます。

 

 

塾生の保護者の皆様はお手数ですが、学校から再開の連絡があり次第、塾のLINEにご連絡頂ければと思います。

 

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

無料相談を実施しています。

 

日程等はお問い合わせください。

 

 

スタッフを増やしましたので、塾生を大募集しています。

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

 

昨年12月より

 

車道駅の近くで児童発達支援事業を始めました。

 

未就学児でお困りの子がいる場合は、

 

ご連絡をいただければと思います。

 

フォレストキッズHP

 

フォレストキッズブログ