052-715-7858
080-3392-8844

お知らせ

自分の特性を実感する

おはようございます。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、Forest個別指導の撹上です。

 

梅雨なのに天気の良い日が続いていて、ハッピーです。

 

 

人生も終わりが見えてきていますので、

 

逆算をして行動をしなければと思っています。

 

生徒には、「受験(定期テスト)から逆算をして、計画を立てること」と言っています。

 

セミナーでは「子育ての出口(自立)から逆算をして、今をどうするのかを考えましょう」と言っています。

 

ゴールから逆算をして行動計画を立てることは非常に大切であるということはよくわかっています。

 

それなのに・・・

 

スケジュール管理をしてもらっている時に、

 

「まずは終わりを設定しましょう」と一つ一つの仕事の終わりを決めるところからスケジュール管理が始まりました。

 

これがものすご〜〜〜〜〜く新鮮で、「なぜ気付かなかったのだろう」と思ってしまいました。

 

例えば・・・

 

「組織改革」

 

「いつまでに終わりにしますか?」

 

「うぉ〜〜〜〜〜」という感じでした。

 

 

何が言いたいかというと・・・

 

「終わりから逆算をする」ということがわかっていても、様々なことに汎用できない。

 

 

私は終わりを意識するときは2点。

 

・終わりが明確にわかっている時

 

・終わりがいつかやってくるというのがわかっている時

 

 

自分で終わりを設定するという考えがなかったのです。

 

 

例えば、「組織改革」はやってもやらなくてもいい。

 

いつまでにやらなければならないという期限もない。

 

すると・・・

 

「終わりを決めて、逆算をする」という発想にならないのです。

 

自分の特性を実感しました。

 

 

全ての仕事に終わりをつける癖をつけようと思います。

 

例えば、今書いているブログも、気分が乗ってくると、

 

延々と書き続けます。

 

納得したら終わり。という感じですが、

 

ブログを書く時間は15分。

 

「15分以内に書けるブログを書く」と効率的ですし、

 

時間が読めますね。

 

 

昨日のブログですが・・・

 

「他社の決算書はしっかりと読めても、自社の決算書となると・・・

 

感情移入されてしまい、甘くみてしまいます。

 

時間になったので、出かけます。

 

本日は・・・

 

8時からミーティングなのです。」

 

ブログを書く時間がなくなったから、

 

ブログを書くのをやめているのです。

 

 

仕事を効率的にやっていかないと、

 

仕事量がどんどんと増えていってしまいます。

 

仕事をする時は・・・

 

自分がやる仕事かどうか?

 

今やる仕事かどうか?

 

終わりは?

 

を意識していきたいと思います。

 

 

 

定期テスト対策にも使える夏期講習生を募集しています。

 

 

スタッフを増やしましたので、

 

お好みの時間に指導を入れられる可能性が出ています。

 

ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

 

無料相談を実施しております。

 

 

 

りんご塾も本格的に稼働することにしました。

 

ご希望の方は、お早めに。

 

りんご塾HP

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

Instagramでも情報を発信しています。

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

フォレストキッズHP