052-715-7858
080-3392-8844

お知らせ

テストの弱い子

おはようございます。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、Forest個別指導の撹上です。

 

出張に来ています。

 

本日も・・・

 

分単位での活動となりそうです。

 

世の中が動き出す前に活動を始めないと・・・

 

それまでにやらなければならないことも多数。

 

大丈夫なのか・・・

 

 

昨日のブログの続きです。

 

普段はよくできているのに、

 

試験になるとできない子がいます。

 

その原因を探らないと、

 

いつまでたってもできるようになりません。

 

大きく分けると・・・

 

4つのタイプに分けられます。

 

・メンタルの問題

 

・ワーキングメモリの問題

 

・本質的理解の問題

 

・選択力の問題

 

 

それぞれ解説していきますね。

 

・メンタルの問題

 

私はこのパターンでした。

 

試験になると自分の力が発揮できない。

 

信じられないでしょうが、

 

できていた問題までできなくなってしまうのです。

 

特に・・・

 

「絶対に失敗できない」とプレッシャーがかかればかかるほど、できなくなってしまいます。

 

最近、実習であまり来られていませんが、名古屋大学医学部のスタッフもこのようなことを言っていました。

 

このことからも・・・

 

学力の問題ではなく、

 

メンタルの問題なのです。

 

解決方法は、

 

・緊張した場面での成功体験を重ねること。

 

・緊張していても正解を導き出せる学力をつけること。

 

メンタルのパターンでも少し違う子もいます。

 

勝手に焦ってしまい、

 

パニックになってしまうパターン。

 

私はこの要素もありました。

 

このブログを書いている現在もこのパターンの精神状態に近いのです。

 

とても重要な資料を作成しなければならないのにできていない、、、

 

「できるかな〜」

 

「どうすればいいかな〜」と気になってしまう。

 

また・・・

 

「本日の支援をどの順番で視察するのが有効なのか?」と先ほどまで見ていた5事業所の支援計画が頭から離れない。

 

すると・・・

 

今目の前の仕事である「ブログを書く」ということに集中できないのです。

 

この時の解決法は、「あと5分でブログは終わり」と時間で区切ることで、

 

他のことを考えない環境を作り出します。

 

テストの時も同じで・・・

 

「最後の証明問題は解けるかな〜」

 

「あっ、やった問題が出ている!

 

この問題からやるべきかな〜」

 

「おいおい、時間配分を考えないとまずいぞ〜。

 

時間配分をしている時間がもったいなくない?」

 

「文字を書く音がうるさいな〜。」

 

etc.

 

特性丸出しとなってしまうのです。

 

試験に集中できないし、

 

特性である不注意も丸出し。

 

ゆえに・・・

 

ケアレスミス連発。

 

問題も最後まで解けない。

 

その結果・・・

 

テストの点数が悪い。

 

ということになってしまうのです。

 

時間で区切って、このブログを書くことに集中したので、

 

他のパターンの解説は明日のブログで。

 

55歳を過ぎて・・・

 

ようやく自分で環境を整えることができるようになりました(笑)

 

 

 

定期テスト対策にも使える夏期講習生を募集しています。

 

 

スタッフを増やしましたので、

 

お好みの時間に指導を入れられる可能性が出ています。

 

ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

 

無料相談を実施しております。

 

 

 

りんご塾も本格的に稼働することにしました。

 

ご希望の方は、お早めに。

 

りんご塾HP

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

Instagramでも情報を発信しています。

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

フォレストキッズHP