052-715-7858
080-3392-8844

お知らせ

認知の歪みがあることを理解する

こんにちは。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、フォレスト個別指導塾の撹上です。

 

本日は、4時から活動をしているので、もう12時間以上働いています。

 

休みがほとんどない状態なので、疲れてきました。

 

これからアセスメント結果の説明が1件入っています。

 

それが終わるのが・・・

 

19時半。

 

本日も15時間以上労働です。

 

きっと倒れるまで動き続けるのでしょうね。

 

本日のアセスメントの結果、使用するであろうテキストを見ていたら・・・

 

私が理解できないのです。

 

 

音の数だけ○をぬろうという問題なのですが・・・

 

右上の絵は・・・

 

「みずもれ?」

 

「じゃぐち?」

 

「すいてき?」

 

 

右下の絵は・・・

 

「ひじ?」

 

「ストレッチ?」

 

 

その隣の絵は・・・

 

「ありがとう?」

 

「かんしゃ?」

 

「おじぎ?」

 

 

全て不正解なのです。

 

妻は正解なのです。

 

正解は・・・

 

「すいどう」

 

「たいそう」

 

「おれい」

 

私にとっては意味不明。

 

ブログを書くために不正解にしたのではないのです。

 

本気で考えてもわからないのです。

 

これがまさに・・・

 

認知の歪みなのです。

 

自分の認知の歪みを知っていないと、

 

いろいろなトラブルに発展します。

 

人と違うのですから、

 

プラスに働けば、人とは違う領域に達成できます。

 

マイナスに働けば、誰にも相手にされない。

 

学習面でどのような場面で出てくるかというと・・・

 

・小説の感情把握の問題

 

・作文(小論文)

 

・問題を作る

 

・読書感想文

 

・問題の読み間違い

 

などで出てきます。

 

一般の人には当たり前のことでも、

 

視点が違うので、不正解になることが多いのです。

 

 

左下の答えは、「がようし」なのですが、

 

答えが分かっても受け入れられません(笑)

 

「のーと」にしか思えない!

 

と妻に食ってかかっていました。

 

 

左上は、「つえ」

 

その隣は、「りりく」

 

にして全問不正解!

 

 

 

どのように歪んでいるかわかりますか?

 

 

 

 

 

一部分にフォーカスしてしまっているのです。

 

 

 

 

普通を知れば知るほどこんがらがりました(笑)

 

 

4月29日(木)〜5月3日(月)の通常の指導は5週目ですので、お休みとなります。

 

 

この期間にGW講習会を実施いたします。

 

外部の方の参加も可能です。

 

 

定期テストが5月中旬にありますので、

 

定期テストの対策指導に使ってみてはどうでしょうか?

 

例えば・・・

 

・英語が苦手なので、4コマ英語を追加して、テスト範囲になりそうな単元の文法、本文、英単語をマスターする。

 

・普段学習していない国語の文法や古典を学習する。

 

・中3生(小6)なので、苦手な単元の克服をする。

 

・英語検定の対策をする。

 

etc.

 

GWのお休みを有効に活用してみてください。

 

 

通常指導の空きもわずかとなっています。

 

ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

 

無料相談を実施しております。

 

 

 

りんご塾も本格的に稼働することにしました。

 

ご希望の方は、お早めに。

 

りんご塾HP

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

Instagramでも情報を発信しています。

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP