052-715-7858
080-3392-8844

お知らせ

待つことが大切

おはようございます。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、フォレスト個別指導塾の撹上です。

 

急遽、群馬に行かなければならなくなり、

 

早朝からお仕事をしています。

 

昨日は・・・

 

感情のアップダウンが激しい1日でしたが、

 

それはそれで普通の人があまり経験できない1日となりました。

 

喘息の病院にも行ったのですが・・・

 

治療を始めてから最高の数値が出て、褒められました。

 

それでもまだ・・・

 

喘息と判断される数値なのですが、、、

 

 

岐阜市に不登校児専門の中学が開校されるそうですね。

 

方針が素晴らしい!!

 

「全ての授業はオンラインも併用のため通学しなくてもOK」

 

「担任教師は生徒側の選択制」

 

「時間割は教師と生徒が相談しながら一緒に決める」

 

「職員室は生徒に開放する、生徒は食事をしてもくつろいでも良い」

 

「開校時の先生は異動でなく手上げ方式」

 

すごいですよね。

 

私が中学生だったら、通いたい。

 

先生だったら・・・

 

メンタルが相当強くないともたないでしょう。

 

 

開校除幕式・内覧会で、塩瀬隆之氏が行ったスピーチが秀逸です。

 

リンクに全文がありますので、読んでみて下さい。

 

 

支援教育で一番大切なことは・・・

 

「待つこと」だと思っています。

 

4年前に書いたブログです。

 

 

「待つ」には大人に余裕が必要です。

 

大人は「待つ」ことを意識する前に、「余裕を持つ」ことを意識したいものです。

 

 

先日のブログでも書きましたが、

 

個性ある子の子育てには、

 

労力と時間がかかる

 

時間とお金がかかる

 

 

労力、時間、お金をかけても、

 

すぐに結果を求めず、

 

待つことが大切なのです。

 

 

息子も、ゆっくりですが成長しているな〜と実感しています。

 

昨日は、囲碁の春期講習会に参加して、8時間も囲碁の特訓をしてきました。

 

帰宅後も、何も言わないのに囲碁の学習をしていました。

 

自ら学びたいというものにやっと出会えた感じです。

 

プロになれるかどうかではなく、

 

一生の趣味にできるものに出会え、

 

囲碁を通じて様々なことが学べています。

 

昼食は、行ったことのないレストランで一人で食べたようです。

 

個性ある子の保護者の方なら、このことがどれだけすごいことかおわかりだと思います。

 

 

保護者の方は「余裕を持ち」、

 

お子様の様々な行動に「待つ」ことを意識してみて下さい。

 

 

春期講習会は締め切りました。

 

通常指導の空きもわずかとなっています。

 

現在の空き状況

 

ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

 

無料相談を実施しております。

 

 

 

りんご塾も本格的に稼働することにしました。

 

ご希望の方は、お早めに。

 

りんご塾HP

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

Instagramでも情報を発信しています。

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP