052-715-7858
080-3392-8844

フォレスト個別指導塾のブログ

自己PR 志望動機について

当塾では受験対策として面接対策の授業も行っています。

面接対策で自己アピールとその学校への志望動機を本人に考えさせていますが

表現が全部抽象的なんですね。

例えば

福祉系の学校を目指す生徒の場合

・人の役に立つことのできる人間になりたい

・将来困っている人を助けたい

・特性のある人が身近にいて興味がある

など。。。

とてもそういった想いは素晴らしいのですがざっくりとしている子が多いです。

なので どうしてそう思うようになったのか?を考えさせるとみんな全然出てこないんです。

将来人の役に立つことができるようになりたいからそう思ったの!って言われたりもします。

たしかにそりゃそうだけど、、、笑

でも絶対にキッカケがあって自分の目指す将来像が作られるので、指導する側としてはそのキッカケを自己理解させてあげたい。

受験だけでなく就職活動でも自己PRや志望動機って絶対と言っていいほど聞かれますよね、

大人になっても考えるのに一苦労です。

基本的に人は無意識に生活していることがほとんどなのでそもそもみんなが苦手なことなんです。

対策としてはどれだけ普段の生活を意識化するか(これは結構ストレスがかかります)

または他人に話すことで自己理解を深めることができると言われています。

つまり、普段から自分を表現するために相手に率先して話す人はその分、自分のことを理解しやすいということです。

自己PRや志望動機を考える授業では成長過程での楽しかった思い出、つらかった思い出、そこでどういう風に感情が動いたかなど

いろんなことを丁寧に傾聴することに努めています。

話しやすい環境を整えないと話せない内容ですからね。

話す機会が多ければ多いほど自己理解の近道になるので、是非お子様が小さいうちからご家庭でそういった機会を用意できればいいですね。

ここで傾聴者のスタンスとしては

・否定しない

・受け入れ態勢を取る

・評価しない

ということを意識したいものです。