052-715-7858
080-3392-8844

フォレスト個別指導塾のブログ

発達障害と暴力

最近、放課後デイの方で「突然暴力をふるうのです。」という相談を数件いただきました。

何も関わっていない子に対して・・・

いきなり・・・

タックルをする

殴る

つねる

噛み付く

etc.

普通の人にはわからなくても、

子ども達なりに理由はあったりすることが多いのです。

例えば・・・

「睨みつけたな!」

「あいつ前に嫌なことをしたな!」(フラッシュバック)

「気にくわない!」

etc.

でもでも・・・

理由がほとんど考えられないのに攻撃することもある。

どうしても納得できないので、

この本を読んでいます。

発達障害とは直接は関係ないかもしれませんが、

脳や遺伝などの生物学的要因

生育環境などの社会的要因

から暴力犯罪について研究分析をしています。

まだ読書中なのですが・・・

「やっぱり!」と思ったことは・・・

栄養と暴力は関係があるということ!!!

栄養不良が子どもの反社会的行動を助長する

栄養不良の兆候が多ければ多いほど行為障害のスコアは高くなる。

鉄分の不足がとりわけ重要!!

栄養不良は、認知能力のタイプに関係なく、

言語性IQにも、空間性IQにも悪影響を及ぼす。

暴力行為だけでなく、栄養はIQに関わって来ることがわかります!!

頭を良くするにも、栄養をしっかりと撮ることが大切です。

オメガ3のレベルが低いと、攻撃性が増す。

油も見直してみてください。

糖分を摂取すると、気分が高揚し、最後には、暴走する。

イライラしたり

眠くなるのは糖質の影響です。

いかがでしょうか?

今まで私たちが主張してきたことが書かれています。

暴力をふるってしまう場合は・・・

まずは、食事を見直してください。

糖質過多(炭水化物の大量摂取も含む)

グルテンフリー

カゼインフリー

タンパク質の摂取

オメガ3の摂取

食事はすぐにでも始められる治療です。

謝りの電話をいつもしなければならないご家庭は、

早急に始めてもらえればと思います。