052-715-7858
080-3392-8844

フォレスト個別指導塾のブログ

できないところを細分化する

国語の文章や問題文を最後まで読み切らない生徒が多く、

しばしば間違えています。

例えば、

記号で答えなさいと書いてあるのに最後まで文章を読まず途中で答えがわかった瞬間解いてしまったり、

国語の文章を読んでいると重要な接続詞を飛ばしたり、

そういった特性がある子たちは全体像を把握することが苦手だったりします。

また全体像を中途半端に把握して都合のいいように把握している可能性があるんですね。

この 喜ぶ であったり 半ば という字もどことなく惜しい、、、

イメージとしては捉えているけど小さなところで間違えてしまう。

ただ全体像も細分化することによって

できるようになります。

全体が捉えることが難しければ、その全体を構成しているモノを細分化し、

できないところにフォーカスをしてアプローチをかけてあげる。

そのできないところは人それぞれで、その人によってアプローチ方法も変わってきます。

だからこそ私たちもマニュアルで動くのではなく、なぜできるのか?なぜできないのか?

を細分化して分析しないといけませんね。