052-715-7858
080-3392-8844

フォレスト個別指導塾のブログ

子どもの進路を出口から考える

本日は・・・

学校の教科書を使って学習をさせています。

これは・・・

学校を意識させるためです。

GW中に様々な方から息子の進路についてアドバイスをもらいました。

候補に挙がっているのが・・・

南山男子

名古屋国際

名古屋大付属

市邨

どの中学もそれなりに魅力はあります。

息子に選ばせれば・・・

見た目で選ぶこと間違いなし(笑)

親としては・・・

彼が快適に6年間過ごせることを最優先させたい。

しかも・・・

将来の職業に役立つような進路が取れるようになることも大事。

私は・・・

論理的な面も持ち合わせているので、

それぞれの中学のメリットデメリット

受験をする過程のメリットデメリットを列挙

息子には将来なりたい職業を再確認。

「薬学部に行く!」と息子。

「医学部でなくていいの?」と私。

「血を見るのと、人と付き合うのが苦手だから薬の研究をする。」

「わかった!薬学部に絶対に入れてあげるよ。」

「本当?」

「本当」

このような会話がなされました。

私も適当に言っているのではなく、

大学入試の情報と問題を解いて、

「これなら絶対に合格させることができる!」と確信をしてから中学選びをしました。

普通のご家庭と違うのが・・・

中学、高校に大学入試対策をあまり期待していないということ。

彼には彼のやり方があるので、

その強みを活かして入試までのことを考えました。

親としては・・・

お金の準備も必要となります。

薬学部は6年。

彼が国立薬学部に行くことは難しいと思うので、私立薬学部。

歯学部、医学部ほどではありませんが、お金はけっこうかかりますね〜。

薬学部を卒業した後のことも考えてあげています。

そのくらい準備をしてあげないと、

自分で進路選択をして行くのが難しいものなのです。

子どものできるできないをしっかりと把握し、

出口から考え、

進路選択をするのが大切なことだと思います。

教科書の問題を解いています。

暗算をして、間違え、注意されています(笑)

フォレストの子どもたちと同じ・・・