052-715-7858
080-3392-8844

フォレスト個別指導塾のブログ

2×5=7、2×3=5

春期講習会になり、

集中的に学習指導をしていると、

色々な気づきがあります。

例えば・・・

掛け算九九を書かせると、全てできるのに、

計算になると間違う。

2×5=7

私も学生時代に・・・

2×3=5としていたので、

どうして間違うかがすぐにわかります。

無意識のうちに足してしまっているのです。

7×8=53

これは・・・

焦ると、間違えて覚えてしまったのが出てきてしまったのです。

漢字に関しても・・・

別の児童なのに同じ間違えをする。

と言うことは・・・

同じような癖があると言うこと。

どうすればその癖が改善されるのかを、

あの手この手を使ってアプローチをしています。

同じ間違えをしていながら、

ある子には有効だったアプローチが別の子には全く効果がない。

このようなことはよくあることなのです。

例えば・・・

何回も書いて感じや単語を覚えるのが苦手な子もいます。

その子に「何度も書いて覚えなさい」と言っても、できるようにはならないのです。

本日、

「先生、三角関数の公式が覚えられないので、トイレに貼ろうと思うのですが、

どうまとめたらいいですか?」と質問されました。

「それで覚えられる?」

「難しいかと・・・」

「だよね。

時が来るまで今までのように変形して公式を導けばいいよ。」

「なんでわかるのですか?」

「君と同じだったからさ。」

一般的には有効である方法も有効ではないことが多いものです。

塾生の保護者様から本日だけでも数件のご質問が寄せられています。

普通ではなかなか改善されない状況。

様々なアプローチを試みたいものです。