052-715-7858
080-3392-8844

フォレスト個別指導塾のブログ

発達障害児に障害告知をするべきか?

昨日・・・

「子どもにどのように障害告知をしたらいいのか?」という質問を受けました。

そのことに対する私の考えを伝えたいと思います。

私の考えが正解ではなく、

一つの参考意見としてお読みください。

障害告知というような発想はやめたほうがいいと思います。

「あなたはASDだとかADHDだ。」

ないしは・・・

「あなたは発達障害だ。」

と言って何かメリットはありますか???

「僕は(私は)、障害児なんだ、、、」とわかって何かプラスになることはあるでしょうか?

障害告知と重く考えるより、

あななにとっての得意なことと不得意なことを一緒に考えよう!

と考えてみてはどうでしょうか?

本人に得意なことを書き出させる。

保護者が思う得意なことを書き出す。

そしたら・・・

話し合い。

到着点としては、

得意なことをどのように伸ばすか?

得意なことを生かした勉強法は?

得意なことを生かすことのできる進路は?

得意なことを生かした職業は?

話し合う前に、保護者もしっかりと勉強をして、どのような環境があるかを調べておかなければなりません。

次に・・・

不得意なことを本人に書き出させる。

保護者も書き出す。

そして・・・

話し合い。

どのようにしたら不得意なことを克服できるのか?

どのようにしたら不得意なことを緩和できるのか?

どのようにしたら不得意なことを避けることができるのか?

非常に重要なことは・・・

わからせるのではなく、

納得させること!

解決法は・・・

自分で考え、気づかせること。

そうすれば・・・

行動に移せるはず。

このような話し合いの場は大切だと思います。