052-715-7858
080-3392-8844

フォレスト個別指導塾のブログ

発達障害児英検4級に合格

英検の合格発表が昨日あったようです。

「息子にいつ発表なの?」と聞いたら・・・

「12日だよ。」

私がチェックしてみたら・・・

19日じゃない。

朝起きて、Facebookのタイムラインを見ていたら・・・

「英検全員合格しました!」の投稿を発見。

う〜〜〜ん?????

もう一度サイトをチェックしてみると・・・

19日から合格証書を発送。

発表は12日。

妻に電話をしてすぐにチェックしてもらいました。

マークミスをしていなかったようで、

合格していました。

おそらく・・・

10月の試験でも合格したと思うのですが、

私が忙しく、妻は入院したりで、息子が精神的不安定になり見送ったのです。

臨機応変に対応していくことは大切なことです。

何度か書いていますが・・・

彼のWISCの総合は70代半ば。

ワーキングメモリに関しては・・・

70。

少しわかるかたならこれが何を意味しているかお分かりだと思います。

勝因は・・・

栄養学的アプローチと特性を活かした学習法

栄養学的アプローチは・・・

ゆるい糖質制限

グルテンフリー(小麦除去)

カゼインフリー(乳製品除去)

オメガ3系の油の摂取

足らないビタミンはサプリメントで摂取

栄養学的アプローチを実践しているご家庭は・・・

成果が出ています。

中学受験で一度も合格圏に入ったことがなくても、

糖質制限とオメガ3系の油の摂取で合格した例も。

子供の困ったがあるご家庭は、栄養学的アプローチをお勧めします。

療育や薬よりも効果絶大だと確信しています。

特性を活かしたアプローチは・・・

今回は、

過集中

自尊心アップ

を使いました。

1週間前に過去問を解かせたら・・・

なんと・・・

合格ラインより10%も下。

息子は、整序英作文が苦手。

5級の問題から4級の問題まで集中して演習。

英語の語順を感覚的に覚えさせました。

すると・・・

できるようになる。

そこを褒めまくる。

「少しやっただけでできるようになったじゃん!」

最後の1週間で私が指導できるのはたった2日。

全てをカバーできるわけがない。

今までやった問題をもう一度解き直す。

本当なら、ミスした問題だけを解き直すのですが、

できている問題も解き直させました。

当然、できる問題が多い。

「できる!」

「できる!」

「できる!」

を繰り返す。

すると・・・

試験前日には過去問の正答率が90%くらいに。

ここで私も息子も合格を確信。

自信を持って英検に挑戦できたようです。

結果は・・・

合格。

私のアプローチは正しかったと自画自賛(笑)

栄養学的アプローチと特性を活かした教育的アプローチは、

今までにないパターンのアプローチです。

私の知っている限りにおいては、

最高のアプローチだと思っています。

是非ともトライしてみてください。

息子は・・・

英検3級に挑戦、中学受験にも挑戦です。

彼は私の師匠であると実感しています。