052-715-7858
080-3392-8844

フォレスト個別指導塾のブログ

子どもの成長に気付いてあげる

自分の子どもには毎日接していますから、

子どもの成長には気づきにくいものです。

それに・・・

親はどうしても欲が出てしまう。

そこまでできたのならその次。

その次ができたら、またその次。

息子に対してもそうです。

群馬にいるなら、ある中学の受験をさせようと思い、

英検の勉強をさせ始めました。

(ある中学は英検4級を持っていると、推薦入試で受けられる)

5級が合格すれば・・・

4級に挑戦。

4級が受かれば、3級に挑戦。

きっと3級が受かれば、準2級に挑戦させていくことでしょう。

そもそも・・・

推薦で中学入試を突破しようとしていたのですから、

その中学を受験しなくなった時点で、

もう関係なくなるのですが。。。

でも・・・

合格すれば、自尊感情は高まるし、

準1級くらいまで持っていれば、

使える資格となるかもしれないし、

大学入試の時に楽になるかもしれないし・・・

まさに欲の塊(笑)

大切なのは・・・

バランスだと思うのです。

英検の勉強をさせることによって生じるストレス等のマイナスの要因と

英検の勉強をすることで得られるプラスの要因。

それだけでなく、

日々の生活におけるバランス。

そこを考えて、挑戦させていきたいものです。

例えば・・・

最初は、宿題をすることができなかった児童。

宿題がストレスで、親子ゲンカ。

毎日、深夜までバトルをしながら宿題をしていたのに・・・

今では、数十分で仕上げてしまう。

そこを誉めずに、もっと勉強をさせようとする。

「宿題しかやらないのです」という悩みに変わってしまう。

「宿題をやらなくて、親子ともに疲労困憊状態です」ということは忘れてしまう。

例えば・・・

自宅以外のトイレに入ることが難しく、

外出できなかった児童。

今では、外出先のトイレでも問題なくトイレに入れる。

悩みが解決すると、それを忘れてしまい、次の課題を見つけ出す。

どんな些細なことでも、成長に気づいてあげ、

また成長したことを誉めてあげたいものです。